一人舞台

生きづらさに悩む、元ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩む元(暫定)ひきこもりの「日記」

待っていて良いんでしょうか!?

近所のリサイクルショップを除くと、ビートルズの30周年記念盤があった。

これの詳細はよくわからないけど、昔ヤフオクで初期の作品は抑えてあったので、これ幸いと幾つか購入。レコード自体は未だに新品が入手可能だけど、輸入盤になって歌詞と対訳がないのが困る。「ネットで調べれば」なんて言いたくなるだろう。確かに「歌詞」なら出てくる。だけども和訳ともなると、有名なミュージシャンの有名な曲しか出ないことも多く、最近の困りごとである。

 

 

歌詞を眺めながら聴いていくと、「ちゃんと音楽を聴いていなかった」と痛感させられる。そういう人、多いのでは?ながら作業で聞き流していたり、歌詞を考えなかったり。

初期の作品は、君に夢中、君が欲しい、君がいなくて寂しい、彼氏になりたい、みたいな恋愛ソングが多かったように思うけど(間違っていたら申し訳ない)、この作品を見ていくと、失恋、自分の手から離れてしまった、心変わり、思い通りにならないみたいな歌詞が増えてきて、メロディも切なくなった。

ひと際目についたのが「NOWHERE MAN」歌詞の中に

 

行き場のない男よ。心配はいらない。

慌てることは何もない。

誰かが救いの手を差し伸べてくれるまで、ただじっと待っていればいいのさ。

 

ここにも「待っていろ論」があったとは!待っていて良いんでしょうか!?

 

さて、上記では恋愛ソングがどうこう書いたけど、その中にも皮肉の利いた曲があって、ウィズ ザ ビートルズのマネーでは「金をくれ!欲しいのはそれだ!恋愛?良いねぇ、でも飯は食えねぇんだよ!金で全てが買えるわけじゃない?おおよ!でも買えなきゃ、使いようがねぇだろ!」とか歌ったり、ハード デイズ ナイトでは「馬車馬のように働かされて、マジきちぃ!」とか歌っていたりするから面白い。ストーンズも似たようなことを歌っていた気がする。

今回のラバーソウルでも最後には・・・。これを今歌うと方々から批判が来そうである。

 

昔は対訳、解説書付きで1000円くらい値段が上がるので、そんなのいらないから値段を下げてよ!とか思って輸入盤を買うことも多かったけど、今になってあれの重要性を痛感する。何を歌っているのかわからないって・・・。考えてみれば、聴き取って?翻訳して、結構な手間だよ。

働きだしてから1年が経った

はてなブログから、1年を振り返りませんかの知らせが来てその中に・・・

 

hitoributai.com

 

なんだかんだ、もう1年が経つのか・・・。人生ってそんなに長くはないのかもしれない。1年以上仕事が続いたことがないのだけど、初めて1年の壁を乗り越えられそうではある。当時スターをくれた方々、まだ続けていますよ!

この頃は期待と不安が入り混じっていて、冷静な判断を欠いていた。そこから慣れてくると、やはり給料の問題、最低賃金、昇給ボーナス無しの話が悩みの種になってくる。母からも支援A型なんてやってないで、真面目に将来を考えないさいと釘を刺される。ひきこもっている時には、「親はいつまでもいない!将来どうするつもりだ!?」働いても、「親はいつまでもいない!将来どうするつもりだ!?」と、切ない・・・。

確かに就労支援A型なんて、建前上職業訓練であり、そもそも長期で続けることは想定されていないはず。だけども転職と言ったって、何か展望があるわけではない。また全部一からやり直しになるリスクを考えると身動きが取れない。こういう「押しても引いてもダメな時は、とにかく待つことだ」と、作家、お坊さん、漫画家など、3人の人が同じことを言っている。だから今は良い流れが来るのを待つしかない。待っていてい良いのだろうか・・・。

勇気を持って働きだしたら、好転する!なんて、進研ゼミの漫画みたいな風には、やっぱりならんですわ。

自我の乏しい受動的な人間は、生きづらい

昨日は久々にデイケアに参加。ニケ月ぶりで、しばらく学校を休んでいたのを久しぶりに登校するような、妙な緊張感とためらいがあって迷ったのだけど、せっかく貰った休みなので参加することに。

以前から思ってきたことだけど、デイケアなり、就労支援なり、何らかの集まりなり、「受動的な人間だと、いるだけでもつらくない?」ということだ。

新しい人が何人か参加し始めたようで、何となく会話してたり、情けない話だけど、自分にはそういう積極的なことはどうも・・・。

来ても何をしていいのかわからない。この空間、この時間を使って何が出来るのかわからない。自我が無い!

やっぱり自分には何もできないなぁ。というのを再確認するようでつらい。

 

対して仕事だとどうだろう。自分がどんな状態にあろうとも、仕事はいつだってある。役割がある。成果も見えやすいかもしれない。周りが用意してくれるやる事リストを淡々と消化していれば良いのだ。はい!わかりました!ありがとうございます!すみません!お願いします!終わりました!手が空きました!が言えればもう合格!自我の乏しい受動的人間にとって、これ程楽なことがあるだろうか?(とは言え体力的にはきつい。週4日がいい)

世の男性が周りを顧みずに仕事!仕事!と邁進するのもわかろうものである(さすがに古いかな)

 

しかしこの状態に甘んじていると、仕事以外にすることが無くなって、定年を迎えてお役目御免になった途端、もう何をしていいかわからず、呆けるしか道はないかもしれない。

今日も会社のトイレは絶好調だ!

朝に小をすると「おえッ!くっさッ!!こりゃ今日も絶好調だな・・・」

そういえばゴールデンウイーク明けから大便器が和式から洋式になって、ウォシュレットもついたし、壊れていた換気扇も新しくなっていた。窓が無いのでこれはありがたい・・・というか放置するなよ!

しかしねぇ、なんかおかしいんだよ。座ると何故か揺れる・・・。立って便器を揺すってみると、なんか揺れるんだよ!大丈夫かこれ!

ついでに雨漏りも直してほしいところ。昨日の豪雨で床や製品を入れる箱がびちょびちょで大変なストレスであった。

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。