一人舞台

生きづらさに悩む、元ひきこもりのブログ、日記

生き辛さに悩む元(暫定)ひきこもりの「日記」

社会に適応できないと、生活すらままならない

当たり前か。

 

今日事務の人と話をして「実は社会に適応できないのです!具体的には週5、8時間労働ができなくは・・・ない。けど、苦しくてしかたがなくて、持って1年弱。今月から部分的に週5になったけど、失ってわかる金曜休み・・・」とかなんとか話をして、事務の人は理解を持ってくれる印象で、「つらかったら週4の8時間でもいいんじゃない?辞めるより全然いいよ」とのこと。

まあ、その考えに社長を始め、現場の人たちがどう思うのかはわからない。

それで労働の負担を解決できたとしても、今度は収入的に大変厳しくなって、一人暮らしどころではなくなるというジレンマが出てくる。

今の働き方は、支援A型で最低賃金。週4日だと、月収10万もいかないだろう。

グループホーム作戦をもってしても、これでは生活できない!

フルタイムでようやくギリギリだよ。金も体力も精神もギリギリかぁ・・・。

やはり支援A型なんぞは生活することが視野に入っていない・・・。同僚のHさんは一体どうやって生活をしているのだろうか。

なんかもう、「お前のような奴は生きる価値などない!野垂れ死ね!」とか暗に言われているようで、切なくなってくる。

労働の負担を減らして、苦しい実家暮らしか、一人暮らしの実現のため、キツい労働を、マラソンを走り続けるのかの、二者択一を迫られているのだろう。

社会に適応できないとは

個人的なことで言えば、世間であまりにも当たり前とされている、され過ぎてほとんどの人が疑問にも思わないであろう「普通」とか「常識」というものに苦しむことだろうか。まあ、そりゃあそうだよねと。

それも聞けば同情するような深刻なこと・・・ではなく、極些細なこと。些細なことが些細なことであるが故に、理解されず、聞いてももらえず苦しむのだ。

10代の頃より悩んでいるのが「労働時間」

世間じゃ当たり前の、週5日、8時間+αという働き方が、できなくはないけど苦しくて持って1年という感じ。

それだけなら単純に労働時間を減らせばいいのだけど、働き盛りの人がこれより下回る働き方を面接で説明すると、まず疑われる。

それに今の家の環境が、共同生活が自分には苦しいので、一人暮らしもしたい。経済的困難が伴うことが容易に想像できる。

 

今日、事務の人と話をしてうっかり、「なかなか馴染めなくて・・・」みたいなことを喋ってしまって、事務の人が「そんなことないよ。馴染んでるじゃない」と。

それは違うんだよ。従っているだけなのよ。波風立てないように、出来るだけ礼儀正しく、愛想良くしているだけなのよ。ついていけないんだよ。

 

 

おかしい。確かに山は越えた。慣れたのだから後は安定が続くはず・・・何故苦しいのだ・・・?

マラソン?で例えると、まだ慣れていない時に、すんげーキツい坂を登るわけよ。心臓破りの坂ね。

登り終えたら疲れ切るじゃない。だからその後は休むなり、ペースを落とすなりするわけよ。ところが仕事だと、「いけるっしょ!やれるっしょ!社会人っしょ!」とか言って、そのまま走らされ続けるわけだ。それでいて、じわじわと負担が上がるという。

周りの人はどういうわけか、これができるらしいのだが、自分には本当にきつくて力尽きて辞めてしまう。

何故、酔わずに、病まずに、死なずに生きていけるのか不思議で仕方がない・・・。

 

雷電 オンラインランキング100位を越える

5面から急激に難易度が上がって詰まっていたのが、道中はパターンを覚え、ボスはボムのごり押しで攻略。回避に自信がなければ、ボスはボムのごり押しで良いと思う。ボムが発生の遅いタイプなので回避目的には使いづらい。スコア稼ぎに関心がなければ、そういう用途しかないだろう。

 

 

 

たまにプレイしたときに限って、妙に調子が良くて7面まで到達し、スコアも更新。

101位から79位まで上り詰める。

高次面ともなると、戻り復活とミス直後の貧弱過ぎる自機が相まって、1ミスがそのままゲームオーバーに繋がる難易度なので、1周クリアまで飽きずにできるだろうか。

同時収録の海外版ならその場復活になるけど、ミス直後の自機の貧弱さは同様なので、体感的な難しさはあまり変わらない・・・。

 

状態異常 「社会に適応できない」

自分の選択や決断が、何故いつも苦しい結果ばかりを招くのか?シオランがその答えを語っていた。「ああ!そうか!確かにそうだ!」膝を打つとは正にこのこと。

いつだって不安と焦りの中で決めてきた。世間体とか、周りの意見や顔色伺って、こうしないと、ああしないといけないんじゃないだろうか?と。そうでないと認めてもらえない。助けてもらえない。孤立してしまう。生きていけない。

自分でも気が付かない内に、出来ない方へ、苦手な方へとフラフラと流れていって、結局挫折してしまう。今回もお決まりの轍を辿ってしまうだろう。

仕事で評価されても一つも嬉しくない。(尤もそんなことは滅多にないが)だってそうでしょう?それは苦しくて仕方がないことで、今後もそれを要求されるということじゃないか。

疲れた。疲れたなぁ。社会に適応できないこの悩みが、ゲームの状態異常みたいにずっとついて回ってとても疲れやすいんだ。

もうね、誰かに言ってほしいのだと思う。

「君にはできないことだから、諦めよう。それで、なんとか死なないように生きていく術を考えていこう」て。自分では止められない。自分では自分のことが手に負えない。

 

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。 Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。 なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。 Googleによるデータの使用については、「ポリシーと規約」を参照してください。